白鳥晴都のwiki!中学・身長は?出身は静岡!小学校でスカウト!

10代俳優

白鳥晴都(しらとりはると)さんは、静岡出身の現在中学生(14歳、2022年8月時点)の子役の俳優さん。2022年8月公開予定の映画「ぜんぶ、ボクのせい」でいきなり主演に抜擢されています。これから大物になりそうな予感しか漂わない白鳥晴都さん。成長盛りで身長も伸びていて将来より一層イケメンになりそうですね。小学校時代にスカウトされたと言われる白鳥晴都さんの出身中学はどこなのか?経歴などのwikiプロフィールをお届けします。




白鳥晴都のwikiプロフィール!身長や本名は?

白鳥晴都(しらとりはると)さんは、現在14歳の中学生。

白鳥晴都さんは、まだあどけなさの残る可愛らしいお顔立ちですが、きりりとした目元を見ると、将来よりイケメン俳優になりそうな気配を感じずにはいられません。

白鳥晴都さんは、イケメンな外見だけでなく、演技派として注目されている若手の俳優さん。

ご存知ない皆様も、是非今からしっかりチェックしておくべき俳優さんではないではないかと思います。

そんな白鳥晴都さんのプロフィールを確認してみたいと思います!

~白鳥晴都(しらとりはると)さんのプロフィール~

■生年月日 2007年12月17日 14歳

■出身地  静岡県

■身長 164cm

■趣味 読書

■特技 ピアノ

(スターダスト公式インスタグラムより)

白鳥晴都さんは2007年12月17日生まれの14歳(2022年8月現在)

中学3年生です。

所属事務所のスターダストプロモーションの公式インスタグラムでは、身長は164センチと公表されていますが、それは公表当時の身長。

実は、私は2022年7月24日の白鳥晴都さん主演の映画『ぜんぶ、ボクのせい』の完成試写会に行ったのですが、そこでは白鳥晴鳥さんの舞台挨拶があり、生の白鳥晴都さんにお会いすることができました!!

そこでの白鳥晴都さんは、映画の中の白鳥晴都さんよりだいぶニョキっと身長が伸びている印象を受けました。

実際、映画『ぜんぶ、ボクのせい』後のネット記事などのインタビューで、映画撮影時より身長が15センチ伸びた!とおっしゃっていましたので、現在の身長は170センチ台後半だったりするかもしれません。

中学3年生ですし、これからもまだまだ身長が伸びそうな予感がしますね~!

ちなみに、『ぜんぶ、ボクのせい』の完成試写会のあと、劇場の外で白鳥晴都さんをたまたま幸運にも間近で見ることができたのですが、お顔がめちゃくちゃ小さかったです。

黒いマスクをされていましたが、お顔がほとんどマスクでおおわれていたため、最初白鳥晴都さんだと気づかなかったくらいです 笑

小顔で長身、そしてこれからもまだまだ身長が伸びそうなスタイルのよい白鳥晴都さんでした。

白鳥晴都さんというお名前は本名なのでしょうか?

こちら本名であるとの公表はありませんが、子役の方は本名で活動される方が多いため、白鳥晴都さんというお名前も本名である可能性もありそうです。

こちらは、また情報が入り次第追記させて頂きたいと思います。

白鳥晴都は小学校の時にスカウト?デビューの経歴、事務所について

白鳥晴都さんは、2019年に現在所属の芸能事務所、スターダストプロモーションにスカウトされ芸能活動を開始しました。

白鳥晴都さんのご出身は静岡県ですが、ご家族と東京に遊びに来ていた時に原宿でスカウトされました。

実は、スカウトされたのは、1回でだけではなく、過去にも何度か声をかけられたのだとか。

小学校5年生の時にも声をかけられたというのですから、すごいですよね。

まだ小学生で少年とも言えるような年齢ですが、何度も声をかけられるくらいのオーラを放っていらしたのでしょう。

小学校でも女子にモテていたでしょうね~!

スカウトを受けてお母様から「大変なお仕事だけど、やってみたい?」と尋ねられた白鳥晴都さん。

やってみたいと芸能界のお仕事にチャレンジすることを決めました。

スターダストプロモーションと言えば、窪田正孝さん、山田孝之さん、北川景子さん…などなど数多くの人気の俳優さんを抱える大きな事務所ですよね!

そんな大きな事務所から声をかけられたということは、きっとお母様としても嬉しかったのかもしれませんね。

大きな事務所と言うことで、安心感もあったのかもしれません。




白鳥晴都の中学校や高校はどこ?出身は静岡県。

白鳥晴都さんのご出身は静岡県です。

白鳥晴都さんは静岡県のどのあたりのご出身なのか、ということはまだ情報がなくわかっておりません。

小学校の時に静岡第一テレビの見学ツアーに行ったことがあるということだったので静岡市内にお住まいでその学区の小学校・中学校に通っていた可能性が高いのではないかと思います。

スカウトを受けたのは、小学生の時ということで、中学生になられたあたりから少しずつ俳優のお仕事を始められたのかと思います。

まだ、東京でのお仕事も多くなかったかと思うので、地元静岡の中学校の学校に通いつつ、お仕事の時は東京に通われていたのではないでしょうか?

白鳥晴都さん主演の映画『ぜんぶ、ボクのせい』の完成試写会では白鳥晴都さんは舞台挨拶のため東京の映画館に駆け付けられましたが、その後のネットニュースのインタビューで、初めて一人で東京のホテルに泊まったというお話もされていました。

まだ、白鳥晴都さんに関しては、まだまだわからないことが多いですが、これからどんどん活躍されそうなので、メディアにも出演されるかもしれませんね。

その際に、いろいろお話を伺ってみたいところです!

白鳥晴都さんは以前、ご自身のインスタグラム上で受験生だとおっしゃっていたので高校への進学は考えていらっしゃるかとは思います。

進学先は、白鳥晴都さんの地元である静岡県の高校なのか、それともこれから俳優のお仕事と両立していくことを考えて、東京の高校を選ばれるのでしょうか?

静岡県からですと、俳優のお仕事があるときは東京まで新幹線で通うということも、可能は可能だと思いますが、これから売れっ子になるにつれて、通う回数が増えると大変かもしれませんね。

ここ最近はドラマや映画のお仕事もあるので東京での俳優活動を優先して、学業とお仕事を両立しやすいような高校、例えば堀越高校あたりに進学されているかもしれませんね。

また何か情報がわかりましたら随時追記していきたいと思います!

『ぜんぶ、ボクのせい』白鳥晴都の舞台挨拶レポート&ネタバレ感想
白鳥晴都(しらとりはると)さん主演映画『ぜんぶ、ボクのせい』の完成披露上映会(2022年7月24日(日)@新宿・武蔵野館)に行ってきました。舞台挨拶もあったので、生の白鳥晴都さん、オダギリジョーさんに会うことができました!映画と舞台挨拶の感...




白鳥晴都はピアノと料理が得意!

そんな白鳥晴都さん、勉強はあまり得意でないとおっしゃり、ゲームが好きという、一見どこにでもいるような普通の中学生。

…と、思わせておきながら、特技はピアノだとおっしゃっていてショパンなどを演奏されることもあるそうです。

ピアノコンクールにも出場されたことがあるのだとか。

男子でピアノが弾ける人って、一目置いちゃいますよね!

男性でピアノが弾けるという時点で、学校では一目置かれる存在だったのではないでしょうか。

しかも、こんなイケメン男子が!!

やはり学校ではモテているに違いありませんね!

インタビューで、将来は、ピアノを演奏するような役にも挑戦したいとおっしゃっており、楽しみなかぎりです!

いつかピアノを演奏する白鳥晴都さんを見てみたいものです。

白鳥晴都さんご自身のインスタ上では、自分で作った料理を披露する写真なんかも挙げられています。

得意料理はパスタだとか!

パスタって簡単そうで、なかなかうまくできない奥の深い料理だと思います。

茹で加減だとか、具材との絡ませ方とか…料理本なんかにはいとも簡単そうにレシピが書かれていますが、少なくとも私はうまくできません・・・笑

白鳥晴都さん、料理できちゃう手先な器用なイケメン男子というのも、これまたポイント高いですよね~!

白鳥晴都(しらとりはると)の出演ドラマや映画は?

白鳥晴都さんは2019年に現在所属の芸能事務所であるスターダストプロモーションにスカウトされて2021年からいろいろなドラマに出演されています。

『スカッとジャパン』に出演されるなどスポットでの活動のほか、2021年には中学受験のドラマとして話題になった『2月の勝者』に生徒役としても出演されていました。

そして2022年に公開された映画『とんび』では、オーディションで選ばれ主人公の幼少時代の役を演じています。

映画『とんび』では主人公の息子の幼少期の役ということで、いきなり重要な役どころを演じていらっしゃいますよね。

デビューして間もない時期に、話題の映画のスクリーンデビューをかざるとは、かなりの実力派だと思います。

その他、TBSの『婚姻届に判を捺しただけなのに』や、WOWOWの『神木隆之介の撮休』、TXの『シジュウカラ』などにも出演されていました。

 




白鳥晴都(しらとりはると)は映画『ぜんぶ、ボクのせい』で主演に抜擢!

白鳥晴都さんは2022年8月公開予定の松本優作監督の『ぜんぶ、ボクのせい』で主演に抜擢されています。

いきなり主演ですよ!主演!!すごくないですか?!

白鳥晴都さんはオーディションで選ばれました。

『ぜんぶ、ボクのせい』のストーリー

児童養護施設を抜け出し、男に依存して自堕落になってしまった母を見て絶望した優太が同じように心に孤独を抱えるホームレスの坂本健二と、裕福な家庭に育ちながら家庭にも学校にも居場所がない少女・詩織と出会うことにより絆を深めていくさまを描く

(ウィキペディア)

白鳥晴都さんが演じるのは主演の松下優太役。

映画のストーリーにある勇太と同じく心に孤独を抱えるホームレス坂本健二役をオダギリジョーさんが演じます。

また、母親役を演じるのは、松本まりかさん。そのほか、仲野太賀さんも出演されています。

そんな中で大物俳優たちにひけを取らない演技をしていたという白鳥晴都さん。

まだ芸能活動を始めたばかりで、そんなに演技の経験は多くないはずですが、いきなりオーディションで主演の座を勝ち取るとは、かなりの逸材なのでしょうね!

光り輝く何かを持っていらっしゃるのでしょう。

映画のストーリーは、紹介記事などを読む限り、かなりヘビーな内容であることが伺えます。

映画の予告をYoutubeで見ることができるのですが、白鳥晴都さんの辛くて重い運命を背負ってる感じの演技がたまらないです。

特に白鳥晴都さんの目つきが印象的。

私は、予告を見ただけで泣きそうになってしまうくらい悲壮感が漂った雰囲気があるように感じました。

だいたい、『ぜんぶ、ボクのせい』って1人の小さな子供が完全にいろんな重いもの背負ってますよね?!

映画の内容が重すぎて最後まで見れるかな…と思ってしまいますが、そんな白鳥晴都さんの迫真の演技はやはり気になるので見てみたいです。

白鳥晴都さんはこの先、天性とも言える演技の才能を生かして大きな作品にもどんどん出演されるような俳優さんになられる予感がします。

皆さんも今のうちに白鳥晴都さんを是非チェックしておいてくださいね!

☆先日『ぜんぶ、ボクのせい』の完成披露試写会に行ってきたので記事書きました!

こちらも是非ご覧ください!↓

『ぜんぶ、ボクのせい』白鳥晴都の舞台挨拶レポート&ネタバレ感想
白鳥晴都(しらとりはると)さん主演映画『ぜんぶ、ボクのせい』の完成披露上映会(2022年7月24日(日)@新宿・武蔵野館)に行ってきました。舞台挨拶もあったので、生の白鳥晴都さん、オダギリジョーさんに会うことができました!映画と舞台挨拶の感...

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました