有澤樟太郎は結婚してる?出身や家族構成、学歴(高校・中学)は?

有澤樟太郎(ありさわしょうたろう)さんは2.5次元舞台を中心に活躍されている長身のイケメン俳優。ご結婚されているのでしょうか?関西出身ということですが、家族構成(父親・母親・兄弟)は?出身の中学・高校・大学などの学歴についても気になり調べてみました!





有澤樟太郎(ありさわしょうたろう)は結婚してる?熱愛彼女の噂はあったの?

有澤樟太郎(ありさわしょうたろう)さんは、2.5次元舞台を中心に活躍されていて、2.5次元俳優の中でも主力の俳優さんと言っても良い方だと思います。

最近では、2.5次元舞台以外のブロードウェイミュージカルなど、ご自身にとって新しい世界にも挑戦されていてますます活躍が楽しみな俳優さん。

そんな有澤樟太郎さんのお名前をネット検索していると『結婚』というキーワードがヒットして、一瞬私はドキッとしてしまったのですが、有澤樟太郎さんはすでにご結婚されているのでしょうか?!

調べみたところ、今のところ、有澤樟太郎さんはご結婚されてはおりません。

現在26歳の有澤樟太郎さん(2022年8月現在)。

以前のインタビューでは、結婚願望は今のところないとはおっしゃっていました。

まだ、周りも結婚している人が少なく、実感がわかないのだとか。

でも、子供好きなので、子供はほしいとおっしゃっていました。

どちらかというと娘より息子がほしいと。

その理由は、娘は大きくなるにつれてお父さんは嫌われてしまう傾向にあるから、とのこと。

有澤樟太郎さんみたいなイケてる父親なら、私だったら嫌うどころか、あちこちに自慢したくなりますけどねー!

そんな未来のことまで心配しちゃう有澤樟太郎さん、私はとっても可愛いと思います!

まあ何はともあれ、今のところご結婚はされていないということで、ホッと安心ですね。

そして今のところ熱愛彼女の噂も出ていません。

また、過去にも熱愛彼女の噂は出回っていたことはないように思います。

有澤樟太郎さんにとっては、今はお仕事が楽しい時期なのかもしれず、恋愛よりもお仕事に没頭されているのかもしれませんね。

ちなみに有澤樟太郎さんの好きな女性のタイプは、年上でも年下でもどちらでもよくて、包容力があり、優しいオーラで包み込んでくれるような女性がいいそうです。

きっと一緒にいて落ち着ける、癒しの存在であるような女性が良いということかもしれません。




有澤樟太郎(ありさわしょうたろう)の出身や身長などのプロフィール!

そんな有澤樟太郎さんのプロフィールをチェックしてみたいと思います。

有澤 樟太郎(ありさわ しょうたろう)

■生年月日:1995年9月28日(26歳)
■出生地:兵庫県
■身長:184 cm
■血液型:O型
■職業:俳優
■ジャンル:舞台・ドラマ・映画
■活動期間:2015年 –
■事務所:キャストコーポレーション

(ウィキペディアより)

有澤樟太郎さんは1995年9月28日生まれの26歳(2022年8月現在)

ご出身は兵庫県ということで、関西出身なんですね~!

普段は関西弁でお話になるのでしょうか?!

私的にはイケメンが関西弁で話すのがすごく好きです。好感度上がっちゃいますね~!

有澤樟太郎さんは、身長が184センチもあって、長身な上に小顔でスタイルがめっちゃいいんです。

有澤樟太郎さんのお名前でネット検索すると『有澤樟太郎 股下』というキーワードが挙がってきます。

調べてみたところ有澤樟太郎さんの股下は94センチだそうです!

長身なだけあって、足も長いんですね~!

こんなにスタイル良かったら、舞台での演技もさぞかし映えるのではないかと思います。

特技は野球、バレーボール、体操ということですので、運動神経もばっちりなんでしょうね!




有澤樟太郎(ありさわしょうたろう)の出身の中学校はどこ?

有澤樟太郎さんの中学校や高校は公表されていないので学校名はわかりません。

有澤樟太郎さんは小学校の頃から野球をされていたとのこと。

以前のインタビューで小学校卒業後は野球の強豪校である私立の中学に進んだと話していました。

兵庫県の野球の強豪校で私立の中学校といえば西宮市にある報徳学園をはじめ、数多くありますので特定するのは難しいかもしれませんね。

兵庫県というと甲子園のお膝元という感じもしますし、中学校でも特に野球に力を入れている学校が多いかもしれません。

有澤樟太郎さんは野球少年だったんですね!

有澤樟太郎さんが入られた私立の野球の強豪校の中学では、やはり練習が厳しく、レギュラー争いも過酷でした。

野球部員は約60名いる中、レギュラーになれるのはたったの9人。

相当うまくないとレギュラーにはなれませんよね。

上級生たちが引退して、やっと自分たちの代になったという矢先に、有澤樟太郎さんは立て続けにけがをしてしまい、長い間部活を休まざるを得なくなってしまいます。

ただでさえ、レギュラー争いが激しい中、長期に休むとなるとますます他の野球部員たちとの差が開いてしまいます。

有澤樟太郎さんが中学校2年生の時の出来事となりますが、それは人生で初めての挫折でした。

野球部を退部し、時間があり余った有澤樟太郎さんは仲間と夜遅くまで外で遊びほうけるようになってしまいました。

野球部でレギュラーを取る!という目標を見失ってしまい、荒れてしまったんですね。

反抗期に突入してしまうきっかけとなりました。




有澤樟太郎(ありさわしょうたろう)の家族構成や母親とのエピソードについて

有澤樟太郎さんの家族構成は、父親、母親、有澤樟太郎さん、弟の4人家族です。

中学校で野球部を辞めてしまい、目標を見失ってしまった有澤樟太郎さん。

母親とも衝突することがあり、門限を破った日には家から追い出されることもありました。

すっかり荒れて怠惰な生活を送っていた有澤樟太郎さんですが、そんな時、母親が新聞広告の芸能事務所の募集の記事を見せ、こういうのやってみたら?と声をかけてくれました。

実は有澤樟太郎さんは小さいころからヒーローに憧れていたこともあり、密かに芸能界には興味があったんですね。

心の内には芸能界に憧れる気持ちはあったけれど、そのような夢のような世界は自分には遠い場所だと思い、なかなか自分からは言い出せなかったんです。

そこから有澤樟太郎さんの生活は変わります。

今までつるんできた友達とは、このままでは自分たちはダメになると縁を切りました。

そのタイミング(中3の2学期)で公立の中学校に転校し、そこから新たなスタートが始まりました。

中3の2学期に転校って、なかなか大変そうですよね?!

高校受験も控えている大事な時期ですしね。

有澤樟太郎さんは、今から内申点を稼がなきゃ!と転校初日から委員会に立候補したり、運動会を頑張ったりすごく努力しました。

公立の中学校は内申点稼ぎが大変ですものね~!

微妙な時期ではありましたが公立の中学校に転校したいというのは、有澤樟太郎さんご自身の希望でした。

やはり地元の友達がいっぱいいる公立の中学校に行きたいと思い、そんなときも母親は反対せず面倒な手続き進めてくれたと語ってらっしゃいました。

反抗期で言い争いなどもあったかと思いますが、お母様はやはりいつでも味方なんですよね。




有澤樟太郎(ありさわしょうたろう)の高校や大学は?デビューの経歴は?

有澤樟太郎さんはその後、高校に進学されましたが、どちらの高校かは明かされていません。

大変な時期の転校なども経て、努力された結果、無事に高校に進学できて本当によかったですよね。

中学校の時に芸能への道を考え始めた有澤樟太郎さんですが、芸能事務所に入るべく書類を送り始めたのは高校から。

履歴書の貼る写真は、いつも弟に撮ってもらっていました。

時には野球のユニフォーム姿での写真を送ったことも。

ですが、どこの事務所からも連絡がなく、あっという間に高校3年生に。

進路を考えなきゃいけない時期に差し掛かった時、大学進学はせず、高校卒業は上京し俳優の養成所に入ることを決心。

オーディションにいってもいつもいいところで落とされてしまったりするので、腹をくくって1年間養成所で学ぶことにされたんですね。

1年間養成所で学んだあとは、現在も在籍している芸能事務所キャストコーポレーションに所属することが決まりました。

そのあとすぐに念願の初舞台への出演が決まります。

それが、舞台「『K』第二章-AROUSAL OF KING-」でした。

有澤樟太郎さんの推しポイント!

有澤樟太郎さん、イケメンだし背も高いし足も長いし、すぐにスカウトとかで芸能界入れちゃうんじゃないの?!という感じがしたのですが、芸能界に入るまでには何度も挫折を経験し、俳優になるために養成所でしっかり演技を学ばれてきたのだということを知りました。

初舞台の「『K』第二章-AROUSAL OF KING-」の練習期間にも厳しい監督に怒鳴られたり、最初から順風満帆だったわけではありません。

有澤樟太郎さんにとっては、何が何だかわからないまま臨んだ初舞台でしたが・・・

ずっと憧れていた景色だった。多くの俳優たちが、どんなに稽古が苦しかろうと、それでも舞台に立つことをやめないのは、あの“板の上”でしか味わえない快感に身も心も虜になってしまうから。有澤もまた舞台の魔法に魅入られてしまった。
「公演期間中は、ファンの方がお手紙やプレゼントをくださって。それもめちゃくちゃうれしかったです。稽古はあんなにつらかったのに、本番の舞台に立つとこうも快感に変わるんだって。舞台ならではのよさを知って、ますます板の上に立つことが楽しくなりました」

(Livedoor Newsより)

初舞台で見た景色や経験が忘れられないものと鳴り、舞台で演じることの虜になられたんですね!

これは辛い経験を乗り越えたことのある人だけが体感できるものなのだと思います。

辛い時期を乗り越えて、よく今まで頑張ってこられたな~と思います。

有澤樟太郎さんは2.5次元舞台を中心に活躍されていましたが、最近ではブロードウェイミュージカルにもチャレンジされていて、ますます活躍の場を広げられています。

2.5次元舞台のお客様は若い方が多いように思いますが、今後は上の年代の方々にも有澤樟太郎さんのお名前を知られるようになりそうですね!

これからの活躍がますます楽しみな有澤樟太郎さん!!

皆さんも是非チェックしてみてくださいね☆




コメント

タイトルとURLをコピーしました