竜星涼の筋肉すごい!韓国人ハーフの噂や本名や経歴は?朝ドラ俳優!

現在放映中のNHKの朝ドラ『ちむどんどん』で主人公の兄(二―二―)を演じる竜星涼さん。朝ドラ内でのトラブルメーカーっぷりすごい二―二―役ですが、ひときわ目を引くすごい筋肉を披露されています。そのすごい筋肉の秘密や、韓国人ハーフ説の噂や本名・経歴について調べてみました。




竜星涼の筋肉がすごい!モデル体型だけど何等身??

朝ドラ『ちむどんどん』では竜星涼さん演じる賢秀(二―二―)は、ランニングシャツ姿のことが多いように思うのですが、そのため腕の筋肉の立派さが目立ちます。

ドラマの中で、賢秀(二―二―)は全然まともに仕事しないので、その筋肉を生かして家族のために労働してくれよ!!と思わず突っ込みたくなりますが、私的には立派な筋肉と、スタイルの良さがついつい気になってしまいます。

実際の竜星涼さんは、どのように筋肉を鍛えられているのでしょうか?

竜星涼さんの立派な筋肉は、スーパー戦隊シリーズの『獣電戦隊キョウリュウジャー』の中でも披露されており、腹筋がバキバキに割れて、細マッチョな感じです。

なんと体脂肪率は6~7%なのだとか!驚異の体脂肪率ですね!!これはアスリート並の体脂肪率ではないでしょうか?!

竜星涼さんは、小中学校の時はサッカーを、高校の時はバスケをされていたというスポーツ少年でした。

また、中学の頃、陸上の大会でも良い成績をおさめられています。

代理で参加したという走り幅跳びで、優勝してしまったということですから、根っからの運動神経が良い方なのだと思います。

ご自身でもなんでも、できちゃうタイプなんですとおっしゃっていますし。

運動全般苦手な私にとって、スポーツ全般できちゃう人は神のような存在に思えます。

運動会などでは大活躍でしょうし、女子からはモテモテだったことでしょう。

学生時代に運動神経いいって、ハッキリ言って、いいことしかないですよね?!そのうえ、イケメンなのですから、もはや無敵です。

竜星涼さんは、足がすごく長いので、走り幅跳びや、走る様も絵になるに違いありません。

竜星涼さんが所属する芸能事務所「研音」では、『研音肉体改造部』なるプロジェクトがあり、「研音」に所属する福士蒼汰さん、山本涼介さんらをはじめとする俳優さんたちと共に合宿で体を鍛えていらしたこともあるそうです。

言われてみれば、福士蒼汰さんも山本涼介さんも美しい筋肉をされていますよね。

イケメン俳優は、日ごろからに肉体を鍛える努力を惜しまないのだなと思いました。

イケメン俳優で、脱いだらプヨプヨだったら今後の俳優生命にもかかわることですからね 笑

竜星涼さんを始めとするイケメン俳優さんたちは、ストイックな生活を送り、日々筋肉をきたえてらっしゃるのでしょう。イケメンの筋肉は一日にして成らず、ですね。




竜星涼、パリコレに出ていた!モデル体型で何等身?

竜星涼さんは、筋肉がすごいだけでなく、全体のバランスもすごくいいですよね。

身長が180センチで、顔が小さくて…私は8等身くらいじゃないかと思っています。

そして、竜星涼さんは足も長い!!私的には体の半分以上が足なんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょう?!

先日、NHKのあさイチのプレミアムトークでゲストに出られていた際にも話題になっていましたが、竜星涼さんはパリコレにも出られた経験があるんです!

事務所などのコネがあってパリコレに出られたわけではなく、竜星涼さん自ら出たいと事務所に申し出た経緯があります。

事務所からは、渡航費用などは出せないということだったので、自費でパリ現地に赴き、オーディションを受けて合格したというから驚きです。行動力にも驚きだし、世界のパリコレ出場権を一発でつかみ取ったのですから、すごい方ですよね。

もともとファッションがお好きだった竜星涼さん。

パリコレでのウォーキングでは、モデル歩きを意識するのではなく、俳優である自分らしさを意識して堂々と歩いておられました(朝イチで映像が流れておりました)

スタイルがいいので、どんなお洋服も着映えしてカッコイイ!

あさイチのプレミアムトークのスタジオではスーツをお召しだった竜星涼さん。

紺色のスーツに、白いシャツと言うシンプルなものでしたが、すごく綺麗に着こなされていて、座っていらっしゃる姿もとても素敵でした。




竜星涼って本名?読み方は??韓国出身って本当?

朝ドラ『ちむどんどん』で竜星涼さんのことを知ったという人も多いかもしれませんので、デビューの経歴などを調べてみました。

そもそも『竜星涼』の読み方がわからない方も多いかと思いますが、『りゅうせい りょう』と読みします。

『竜星』(りゅうせい)までが苗字だったんですね!(私は最初、『竜』が苗字なのかと思ってました…)

そして、竜星涼さんというお名前は、本名なのでしょうか?

調べてみたところ、正式に公表されているわけではありませんが、本名は『三上竜星』(みかみりゅせい)さんという説が有力のようです。

竜星涼さんは走り幅跳びが得意とのことで、それは公式HPにも公表されています。

竜星涼さんの出身中学校は東京の武蔵野第五中学校ですが、2005年7月の東京都中学校支部対抗陸上競技会の記録に『三上竜星』さんのお名前が出ています。

竜星涼さんが武蔵野第五中学校に入学されたのは2005年4月なので、上記の競技会開催時には在学されているとうことから、『三上竜星』さんというのは竜星涼さんの本名なのではないかといわれているようです。

本名である『竜星』を芸名では、苗字に持ってこられたのですね。

なかなかインパクトのあるカッコイイお名前ですよね!!

おそらく、芸名の苗字が日本人ぽくないということから、竜星涼さんは韓国人とのハーフなの?という噂もありますが、竜星涼さんは山形県新庄市のご出身。

ご両親ともに山形出身ですので、韓国人のハーフではありません。




竜星涼の出身やデビューの経歴、出演作は?

竜星涼さんのデビューのきっかけについても気になったので調べてみました。

竜星涼さんは、上述のようにもともとは山形県のご出身。その後、東京に移り住まれました。

2009年に東京原宿の竹下通りで美容院に行く途中でスカウトされたのが、竜星涼さんの芸能界入りのきかっけとなりました。

竹下通りでのスカウトされるケースって本当に多いんですね~!

今をときめく福士蒼汰さんや玉木宏さん、佐藤健さん、横浜流星さんなんかも竹下通りでスカウトされてますものね!女優さんでは広瀬すずさんも竹下通りでスカウトされてますし。スカウトの聖地ですね。

当初は芸能界に興味がなかった竜星涼さんですが、スカウトを受けた芸能事務所(研音)には、ファンだった反町隆史さんや竹野内豊さんが所属していると知り、ここに行けば会えるかもしれない!と思い、軽い気持ちで事務所に連絡しました。

そんな軽い気持ちで芸能界という新しい世界に飛び込まれた竜星涼さん。

何かのチャンスをつかむときって、竜星涼さんのように軽やかな気持ちでチャレンジしてみるのがいいのかな~って思いますね。

2010年には芸能事務所(研音)に所属し、高校3年の時には上野樹里さんが主演のフジテレビのドラマ『素直になれなくて』で、上野樹里さん演じる水野月子役の教え子役として、俳優デビューを果たしました。

2013年2月にはスーパー戦隊シリーズの『獣電戦隊キョウリュウジャー』でキョウリュウレッド/桐生ダイゴ役でテレビドラマでは初の主役を演じました。

竜星涼さんってスーパー戦隊シリーズ出身だったんですね!

竜星涼さんの甘いマスクは、子供たちだけでなくママにも注目されていたはずです!

スーパー戦隊シリーズといえばイケメン俳優の登竜門です。

スーパー戦隊シリーズに出演しても、消えていく俳優さんたちが多い芸能界ですが、竜星涼さんはその後もトントン拍子に芸能活動を歩まれているように思います。

ざっと竜星涼さんの出演ドラマをあげてみますと、2017年にはNHKの朝ドラ『ひよっこ』、2018年には『アンナチュラル』、2019年には『同期のサクラ』、2020年には『テセウスの船』、2021年には『レンアイ小説家』…などなど。

これは私が見ていたドラマをあげただけですが、他にもまだまだ話題のドラマに出演されています。




竜星涼は朝ドラ『ちむどんどん』の賢秀(けんしゅう:二―二―)役で話題!

竜星涼さんは、2022年4月から放映中のNHKの朝ドラ『ちむどんどん』に主人公の兄の比嘉賢秀(ひが・けんしゅう)役で出演されています。

『ちむどんどん』は沖縄が舞台のお話で、竜星涼さんは、黒島結菜さん演じる主人公の比嘉暢子さん(次女役)を含む3姉妹の上の長男であり、ドラマ中では初版で父親が亡くなっているので一家(比嘉家)の大黒柱を担うという位置づけとなっています。

長男と言うことで、家族の中では二―二―と呼ばれて慕われているのですが、その素行がすこぶる悪く、今では多くの視聴者をイライラさせてしまっている存在となってしまっています。

家族思いという点は良いのですが、まともに働かない、暴力事件を起こす、返すあてもないのにあちこちで借金をしては家族を困らせる…というトラブルメーカー。

日を追うごとに、視聴者の二―二―に対するイライラは増すばかり!

朝ドラで竜星涼さん演じる二―二―が出てくるたびに、うんざりしてしまいます(竜星涼さん自身に何も罪はないのですが、このままでは私、竜星涼さんが嫌いになってしまいそう…。)

朝ドラ直後に放映される『あさイチ』で朝ドラ受けのコメントを述べる華丸・大吉さんや鈴木アナも、二―二―についてはどうコメントしていいか困惑されている感じで、ひしひしと伝わってきていて、それはそれで見るのが楽しいんですけどね。




竜星涼、朝ドラ『ちむどんどん』のイメージをあさイチのトークで見事挽回。

竜星涼さんて改めてスタイル抜群で申し分ないイケメン俳優です。

ただ今回の朝ドラ『ちむどんどん』での賢秀(二―二―)役は朝ドラ史上最悪かも?!と言われるトラブルメーカー。

何かにつけてトラブルを起こしまくってますが、これでも家族思いは家族思いなんですよね…

と、私もフォローするのが苦しいくらいの詐欺キャラです 笑

朝ドラって全国の多くの老若男女が見る番組なので、竜星涼さんご自身のイメージダウンにつながらないか心配でした。

先日、6月4日に東京池袋のサンシャインシティ噴水広場でのトークショーに出演された竜星涼さん。

もちろん朝ドラ『ちむどんどん』の話も出てました!

「本当にトラブルメーカーなニーニーですが、こういう役はなかなかやれない役柄なので、楽しんで演じています」と満足げ。

(ORICON NEWS)

確かに、ここまでのトラブルメーカーの役割がこんなイケメンに回ってくることなかなかないかもですよね?!笑

でもご本人的には、それをチャンスとばかりに思い切りどうしようもないはちゃめちゃな二―二―を演じられています。

これからの賢秀(二―二―)や家族の成長も見守ってほしいとおっしゃっていたという竜星涼さん。

この先、ドラマ内での賢秀(二―二―)は、更生するってことですかね?!ほんと?!

こればっかりはドラマを温かく見守るしかありません 笑

とにかく、『ちむどんどん』ではイメージが悪すぎる賢秀(二―二―)ですが、6月10日(金)のあさイチプレミアムトークにゲスト出演した竜星涼さんは、さわやかすぎる笑顔とクールなトーク、抜群なスタイルと洗練されたファッションで賢秀(二―二―)のよからぬイメージを見事払拭されたと思います。

当日は、あの二―二―と本当に同一人物なのか?!という番組へのメッセージも多く寄せられていました。

それだけ竜星涼さんの二―二―の演技が秀逸と言うことだということですよね。

竜星涼さんの魅力は、本人と演じる役との『ギャップが萌え』ではないでしょうか。

特に今回の二―二―のような役どころと素の竜星涼さんではすごいギャップが生じています 笑

あさいちトークでは、竜星涼さんの甘いマスクの小顔で長身のスタイルの良さとファッションセンスが目を引きました。

また、落ち着いてご自身の言葉でお話しされる様子もクールで素敵でした。

一方、朝ドラの現場では、共演者にちょっかいを出したり場を和ませたりもする、楽しい方みたいですね!

そういう気配りのできるところも、ポイント高いです!

私は、二―二―役のせいで、竜星涼さんの人気がなくなるのではと危惧しましたが、あさイチトークで挽回されたので心配無用でしたね。

これから、私は温かい目で二―二―のことを見守れそうです 笑

竜星涼さんの演技の振り幅が無限大?!ということがわかったので、この先、もっといろんな作品にチャレンジしてもらいたいと思いましたし、次は竜星涼さん主演のドラマが見てみたいな~と思いました!




 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました